婦人科の病気はすべての女性にかかる可能性があります

女性の病院

何の症状もないのに、自治体や会社の進める定期健診で「卵巣が張れている」と言われてびっくりする女性も多いです。

 

卵巣の腫物、つまり卵巣腫瘍は、所長が始まる前のお子さんから、閉経した高齢者まで、どんな女性でも起こり売る病気なのです。そして卵巣腫瘍にはとてもたくさんの種類があるのです。

 

大きな病名では悪性のがん、良性の卵巣腫瘍、その間に位置する境界悪性の3つのケースに分けることができます。

 

それぞれの、またさまざまに分類されていきます。

 

水のような粘着性のない水分がたまった者、ゼリーの用に粘着性を持った水分がたまったもの、骨や毛髪、脂肪などが卵巣の中に作られるタイプの症状もあります。

 

子宮内膜症があると、卵巣に血液が溜まって卵巣が腫れてしまいます。卵巣から発生する卵巣嚢腫との区別はとても難しいです。

 

また、腫瘍が発見されても経過を見ていたらいつの間にかなくなってしまったというものがありますが、これは結果的には卵巣腫瘍ではなく手、炎症などによって卵巣や卵管に液体が溜まっていたものだった可能性があります。

 

ですから、あまり大きくないものでも悪性の腫瘍が少ないと判断されるものは、定期的に通過を観測していきます。

 

卵巣はお腹の奥深くにあるので、晴れていても症状が出にくく、ガンが発生しても早期発見が難しいのです。

 

逆に考えると、お医者さんから手術した方がいいと言われても、何も症状が無いので、本当に手術するべきか悩むことが多いということです。

早期発見の婦人科のがん

 

子宮体がん子宮頸がん

医療技術の進歩から早期発見のがんなら感知することができるようになってきました。初期の子宮頸がんなら支給を残す手術をして、将来は子供を産むことも可能です。しかし、進行したものや、子宮体がんは原則的に子宮を切除しなければなりません。この時多くのケースで子供をあきらめないといけなくなります。

 

また、卵巣も取らなければならないようなケースでは、手術の後に更年期障害が出る人もいます。尿が出せなくなったり、尿失禁が起こったりすることもあります。抗がん剤が必要なために、嘔吐や脱毛などの副作用でなむ人もいます。性生活がうまくいかなくなるといった悩みを抱える人も増えます。

 

患者からはよくお医者さんが患者の気持ちを汲み取ってくれない。という声が上がることがあります。しかし、ガンの治療に携わる医師の目的は、患者さんの命を守ることであり、痛みやその後のケアは二の次に考えるのです。ですから治療後の体調不良や毛髪の脱毛、子供が産めない体になってしまうことへの落ち込みなどの、命にかかわることのない問題は後回しになってしまいます。

 

逆に患者の要求通りに治療の手を休めてしまえば、ガンを再発させてしまうことになるかもしれません。そのため、感情を抑えて患者に対してドライに対応せざるを得ないのです。

 

その女性がどんなに子供をほしがっていても、患者の命を救うためには、子供をあきらめるように説得するのもいしの仕事なのです。

 

今はインターネットでがんに関する様々な情報を手に入れることができます。昔に比べると便利になった半面、あまりの情報量に、どれが自分のほしい情報なのかを見つけるのが難しくなる傾向になってきています。

 

患者さんの不安に付け込んで、高額な商品を売りつけるような詐欺まがいの情報にも気を付けなければなりません。

 

治療に関する心のケアをしてくれる人が身近にいると思います。しかし、日本の医療の中では、心のケアが正当な評価を得ていないケースが多いので、大病院の中でも患者さんの気持ちを受け止めて、不安や悩みの相談に乗ってくれる専門医を常駐させるケースも増えてきています。

子宮がんは自覚症状の無い病気

 

子宮がんは自覚症状の無い病気

子宮筋腫などと違い子宮がんや卵巣がんには自覚症状が少ないです。健診などで早期の子宮がんが発見されてもその時には自分自身には自覚症状が表れていない場合がほとんどです。

 

よく子宮がんになると出血すると思われがちですが、早期の子宮頸がんはほとんど症状が無いのが特徴です。

 

健診などでがんが見つかっても、自覚症状が会ので、痛みもないし、感じることもできないので、手術を勧められても気が載らない方も多いです。

 

しかし、早期と言ってもガンですので、そのままにしておくと命にかかわる問題なのです。

 

そして手術や抗がん剤による治療は体にとても負担がかかるので、今まで健康だった人でも、治療後に体調がすぐれない状態が続くことがほとんどです

 

子宮筋腫などの手術は、月経痛や月経時の大量出血に悩まされていたのが手術後には解消しますので、治った自覚があるのですが、ガンの場合はちょっと違うものがあります。手術後も心身のケアが必要になってきます。

 

子宮がんには、子宮の入り口にできる子宮頸がんと、奥にできる子宮体がんがあります。どちらも定期的な検診で発見が可能ですが、子宮体がん検査は痛みを伴う人もいたり、子宮の入り口が細くて検査のできない人もいる欠点があります。

 

子宮頸がんは、自治体や職場で無料検診できるところが増えてきています。気塊があれば受けておくことをおすすめします。子宮頸がんは子宮体がんに比べると発症年齢が若いことが特徴です。20代の女性に発症することもあります。子宮体がんは閉経後に多いガンですが、中には若年性対岸と言って30代の女性にも発症することがあります。

 

ホルモンバランスの崩れによる出血だと思っていたのが子宮体がんだったり、不妊治療中に偶然発見されるというケースもあります。